お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > エクセルのトラブル解決事典 

エクセルのさまざまなトラブル解決事典


列番号ABC・・・を、123・・・に変更する


通常、列番号はABC・・・ですが、123・・・に変更することができます。


  • マクロ作成のときに使うと便利です。

通常、列番号はABC・・・、行番号は123・・・です。
セル番地を指定する際には「A2」などと言えば、セルを特定することができます。

ところが、マクロ(VBA)を記述する場合、アルファベットの列番号が何番目なのか、わかりにくいことがあります。
列番号も数字になっていると便利なことがあります。

メニューバーの「ツール」−「オプション」をクリックし、「全般」タブを選びます。



R1C1参照形式を使用するの□にチェックをつけると、列番号が数字になります。
ABC・・・に戻したい場合は、□をクリックして、チェックを外します。


エクセルの初期設定の列番号はABC・・・です。
通常は数字にはならないのですが、意識せずにこの設定をしてしまうこともあり得ます。

便利な機能も使う側にとってみれば、余計な機能、混乱をきたす機能になってしまうんですね。


このページのTOPへ

行番号が画面の右に、列番号が・・・FEDCBA に


あれれ、行番号が右に行っちゃった
おまけに列番号が・・・FEDCBAと逆さまになっちゃった

  • 「インターナショナル」の設定になっています

いつもはこうです。



それがいつの間にか、こうなってしまった。



こんな設定ができるんですね。使いにくくてしようがない。

メニューバーの「ツール」−「オプション」−「インターナショナル」のタブを選びます。



[現在のシートを右から左へ表示する」にチェックがついているはずです。
チェックボックスをクリックして、チェックを消すと元にもどります。

このページのTOPへ




<< PR >>


アクセス増加と広告収入






- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved