お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > エクセルのトラブル解決事典 

エクセルのさまざまなトラブル解決事典


エクセルが起動しない




デスクトップのアイコンからエクセルが起動しない

  • ショートカットアイコンを作り直しましょう

いつもはデスクトップのショートカットアイコンから起動していたのであれば、リンクの状態が変更されたことが考えられます。

「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」でMicrosoft Office−Microsoft Excelを探してクリックしてみます。

うまく起動できれば、プログラムは生きていますから安心。

ショートカットアイコンの問題ですので、今見えているアイコンはゴミ箱に捨てて、新たにアイコンを作りましょう。

ショートカットアイコンの作り方は コチラ

このページのTOPへ

ツールボタンがない


いつもあるはずのツールボタンがない

  • ツールバーはありますか

いつもあるはずのツールボタンがみつからない。

ひょっとしたら、Wordと勘違いしてはいませんか?

そんなばかなことはない。
ではまず、ツールバーが出ているかを確認します。

ツールバーの設定はココ

  • ツールバーはあるがボタンがない

ツールボタンは簡単に削除することが出来ます。

メニューの「表示」−「ツールバー」−「ユーザー設定」をクリックしてダイアログボックスを表示します。



この状態で、ワークシートの上に表示されているツールボタンの一つをドラッグして、もともとあった場所から移動しようとすると、マウスポインタに×印がつきます。この状態でマウスボタンから手を離すとツールボタンが削除されます。

無意識に、こんなに簡単にボタンをなくしてしまうことがありますから、注意しましょう。

なくしてしまったボタンを復元するのも実は簡単です。

ユーザー設定の「コマンド」タブを選び、「分類」を選択し、右側に表示されたボタンを、あるべきツールバーの中にドラッグしてあげればOKです。

こんなふうに、ツールバーを自分が使いやすいように設定することも出来るのですが、あまり突飛なことはしないほうがいいでしょうね。

自分でボタンをデザインし、そのボタンにマクロで作成したプログラムや関数などを設定することも出来ます。

でも、この技は、よほどエクセルに精通してから取り組むほうがいいでしょうね。
せっかく作ったボタンが邪魔でしようがないという結果になることもありますよ。

このページのTOPへ




- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved