お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。
Yahoo! JAPAN
登録サイト

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > エクセルのトラブル解決事典 

エクセルのさまざまなトラブル解決事典


グラフが作れない


簡単なグラフなのに、グラフにならない

  • 範囲選択が間違っていませんか

 グラフを作っていて、エラーになったり、思ったようなグラフにならないのは、たいていの場合、範囲選択が間違っています。

このようなデータから、こんなグラフを作ろうとしています。



 この場合の範囲選択は、セルB4からE8までが必要です。

 ところが、セルB4が空白であり、グラフ表示上、まったく必要がないと考え、
セルB5:B8とセルC4:E8を範囲選択してしまう勘違いをしてしまうことがあります。


 
列方向のデータ数が一致しません。これではグラフになりません。
 項目名が、1,2,3・・・のようになるのは、このためです。

 グラフ作成は、範囲選択で 95% 決まりですね。
 骨格のグラフができてしまえば、こまごまとした設定は自由にできますね。

 
グラフを作る場合、範囲選択は最も重要です。

 範囲に合計欄が必要かどうか、間違いが多いポイントです。
個別のデータに比べて合計の数値が多い場合など、出来上がったグラフはとても見にくいグラフになります。

 どんな目的のグラフなのかをよく考え、必要なデータ範囲を的確に判断してください。

必要によっては、右と左の目盛が異なる複合グラフの作成なども考えるといいでしょう。


このページのTOPへ

- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求













 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved