お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。
Yahoo! JAPAN
登録サイト

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(9)

7 スケジュール管理表  9 Memorialデータ表示する


 2006年から2015年までのスケジュール管理表を作りました
 振替休日を含む祭日も表示、六曜(大安・仏滅・・・)も表示しました

9.Memorial Dayデータを表示する

  • Memorial DayをVLOOKUP関数で表示する

 メモリアルデイは、年によって月日が変わることは無い、という考えで、データは1年間だけ作りました。

データの形式は「YYYY/M/D」の形式になっていて、YYYYはデータを作成した年(2006)になっています。

スケジュール表にデータを表示するためには、スケジュール表の年を、式の中で強制的に2006に置き換えます。

セルG10の式は、このようになります。
(データ範囲はmemorialという範囲名にしています)
   =VLOOKUP(DATE(2006,$F$6,B10),memorial,2,0)

 この式を月末までコピーすると、該当の無い日はえらーとなります。

これを避けるために、イズエラー関数を使って、次のように修正します。

=IF(ISERROR(VLOOKUP(DATE(2006,$F$6,B10),
memorial,2,0)),"",
VLOOKUP(DATE(2006,$F$6,B10),memorial,2,0))

この式を月末までコピーしてください。

※memorialのデータ範囲は、適宜指定しますが、大きめにして、データが無い範囲を含めてもVLOOKUP関数の結果に問題はありません。

次のステップは、スケジュールデータの表示です。

前のステップにもどるスケジュール管理表トップに戻る次のステップに進む

- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















アクセス増加と広告収入




このページのTOPへ   ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(9)
 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved