お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。
Yahoo! JAPAN
登録サイト

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(6)

7 スケジュール管理表  6 六曜データの作成


 2006年から2015年までのスケジュール管理表を作りました
 振替休日を含む祭日も表示、六曜(大安・仏滅・・・)も表示しました

6.六曜のデータを作る

  • 六曜について

大安・仏滅、気にする人は結構多いものです。

あまり気にしないという人も、友引の日は葬式は出さないものだし、結婚式は大安の日が多い、そんな世間に住んでいれば、気にしないわけにはいきませんね。

大安・・・だいあん、たいあん、どっちが正しいの?
先勝・・・せんしょう? せんかち? せんがち?

仏滅の翌日は大安のようだけど、必ずそうとは限らない、
順番が突然変わって、その後は、また順番どおりになる。

いったいどうなっているのでしょうか。

簡単に言えば、六曜の決まりはこうです。

 旧暦の朔日(ついたち)の六曜は月ごとに決まっている。

 1月、7月  先勝
 2月、8月  友引
 3月、9月  先負
 4月、10月 仏滅
 5月、11月 大安
 6月、12月 赤口

旧暦2日から晦日(月末)までは、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順で繰り返す。

したがって、順番に狂いが生じるのは旧暦の月が変わるときだけです。

私たちは、新暦(世界中で使われているグレゴリオ暦)しか使っていないから、どうして突然順番が狂ってしまうのか、と思ってしまうわけです。

  • 10年分の六曜データを作る

では、六曜のデータを作りましょう、と言いたいところですが、またまた、月の満ち欠け、地球の自転・公転を勉強しなければなりません。

ここでも、このサイトにお世話になってしまいます。

  こよみのページ

六曜は、計算で算出できるようですね。
興味がある方は、計算してみてみてください。
六曜なんて要らないという方は、ここは省略してもいいですよ。

  • 六曜データのコピペ

 こよみのページを訪問して、六曜データが1年間分掲載されているページを探してください。

1年分をコピーして、ワークシートに貼り付けます。

これを10年間分、繰り返してください。

ワークシートにペーストした後、若干体裁を整えておきます。

出来上がり例は次のとおりです。



3650行ほどのデータになります。

この表で、必要なのはD列とG列だけです。
その他は、あっても邪魔にはならないし、旧暦はあったほうがいいし、日の干支なんて面白いから残しておきました。

さてこれで、すべてのデータが揃いました。

次は、カレンダーの表にこれらのデータを表示するステップに進みます。

前のステップにもどるスケジュール管理表トップに戻る次のステップに進む

- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















アクセス増加と広告収入




このページのTOPへ   ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(6)
 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved