お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。
Yahoo! JAPAN
登録サイト

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(3)

7 スケジュール管理表   年月日データを作る


 2006年から2015年までのスケジュール管理表を作りました
 振替休日を含む祭日も表示、六曜(大安・仏滅・・・)も表示しました

3.曜日を計算する

エクセルには、日付のシリアル値から曜日を表示する関数が用意されています。

 TEXT関数を使うと、簡単に曜日を表示することができます。

 日付のシリアル値はすでにC列に求められています。

 日にちだけしか表示されていませんが、C列のデータは、 日付の形式で表示すれば「YYYY/M/D」の書式で表示することができるれっきとしたシリアル値です。

  • TEXT関数を使う
 テキスト関数の構文は
   =TEXT(値、表示形式)

 「表示形式」はメニューの「書式」−「セル」−「表示形式」に記載されている要領で指定します。

 曜日の表示形式は、"aaa"を指定すると、月・火・・・
 "aaaa" の指定で、月曜日・・・となります。

※この例では曜日を表示するために、TEXT関数を使っていますが、時刻や年月日の表示などのほか、表示形式を指定することができる、便利な関数です。

  • 実際の式を作る
 「年」と「月」を、現在の年月に入力し直しておきましょう。
 結果をすぐに判定できるからです。

 セルD10の式はこうなります。
   =TEXT(C10,"aaa")

 この数式をセルD40までコピーします。

 今日の曜日と合っていますか。翌月や前月に変更して、きちんとつながっているかどうかも確認してください。

 日曜日の文字は赤く、土曜日の文字は青くしたくなりますよね。
 でも、祭日の関係があるから、まだ早い。
 まとめてやったほうがいいですよ。

  
前のステップにもどるスケジュール管理表トップに戻る次のステップに進む

- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















アクセス増加と広告収入




このページのTOPへ   ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(3)
 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved