お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。
Yahoo! JAPAN
登録サイト

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(11)

7 スケジュール管理表  11 年月のコンボボックスを作る


 2006年から2015年までのスケジュール管理表を作りました
 振替休日を含む祭日も表示、六曜(大安・仏滅・・・)も表示しました

11.年月のコンボボックスを作る

  • 年月をマウスで選ぶコンボボックスの作成

マウスを握ったり、年月を入力するために、キーボードに手を移したりでは、面倒です。

マウスで年月を選べるように、コンボボックスを作ってみましょう。

まず、こんな感じで、新しいワークシートにデータを作っておきます。

   

 フォームのツールバーを表示します。
 メニューの「表示」−「ツールバー」−「フォーム」です。
 フォームのツールバーが表示されます。

    

 スケジュールのワークシートの適当な場所に、コンボボックスの枠を作ります。
 左上から右下にマウスをドラッグすると、右端に▼がついたコンボボックスを作ることができます。

 大きさや配置は後で調整することができます。

 まわりに小さな○がついた状態で、このコンボボックスを右クリックして、「コントロールの書式設定」を選びます。



入力範囲は年月のワークシートの1月〜12月、セルB2からセルB13をドラッグして選択します。

リンクするセルにはセルD6を指定します。


セルD6にはコンボボックスからデータを選んだとき、入力範囲のデータの上から何番目を選んだかというデータが入ることになります。

OKボタンをクリックして、年のコンボボックス完成です。

周囲に小さな○ハンドルがついた状態でサイズの調整や場所の移動ができます。

セルD6が見える状態にコンボボックスを移動し、他のセルをクリックして選択を解除し、動作を確認してください。

セルD6の値が1〜10の範囲で変化し、それにつれて、カレンダーの表示も変わります。

最終的にこのコンボボックスはセルD6に重ねて、値は見えなくしてしまい、年数だけが見えるようにします。


月のコンボボックスもまったく同じです。


これで、年月がマウス操作だけで選べるようになりました。

次のステップは、右肩に表示されているカレンダーの作成です。

前のステップにもどるスケジュール管理表トップに戻る次のステップに進む

- PR -

NTTのアフィリエイト


介護・医療・福祉の資格
無料資料請求















アクセス増加と広告収入



このページのTOPへ   ホーム > 面白エクセル > スケジュール管理表・・・(11)
 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved