お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座

 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 基本操作 > 表の印刷 

印刷プレビュー


印刷する前に、まずは、印刷プレビュー・・・






表が完成し、印刷する場合は、まず、仕上がり具合を確認します。

メニューの「ファイル」−「印刷プレビュー」をクリックするか、ツールボタンの「印刷プレビュー」をクリックします。



初期設定のA4サイズの紙にこのように配置されて印刷されることになります。



この状態でマウスポインタを紙の上に合わせると、マウスポインタは虫眼鏡になっています。ここでクリックすると、クリックした場所を中心に拡大表示されます。

もう一度クリックすると、全体表示に戻ります。

ここで、画面の左上を確認してください。

「次エージ」があります。このボタンが、アクティブな状態であることは、次のページがあることを示しています。
また、画面左下を確認すると「1/4ページ」などのように、現在表示しているページ、全体のページ数が表示されています。

「次ページ」をクリックすると、次のページが表示されます。
最後のページまで行くと、このボタンは使えなくなり、前ページボタンが使えるようになります。

ページの状態を確認し、このまま印刷する場合は、上にある「印刷」のボタンをクリックして印刷を開始します。

印刷の設定、プリンタの設定は別ページで説明します。

このページのTOPへ

1ページに縮小印刷してしまう


ほんの少しだけ、次のページができてしまったら、1ページに収めてしまいます。

Excelでは、表を作成している時点で、用紙への収まり具合がわかりません。

印刷プレビューで用紙への収まり具合を確認しますが、ほんの少しだけ、次のページに行ってしまうことがあります。

こんなときは、全体を縮小して1ページに収めてしまいますが、セル幅や行の高さを調整するのではなく、出来上がった表はそのままで、印刷だけを全体に縮小することができます。

・まず、印刷プレビューで全体を確認します。

・印刷プレビュー画面の「次ページ」ボタンをクリックして、1ページに収めても無理がないかどうかを確認します。

「次ページ」 ボタンをクリックします。
「ページ設定」のダイアログボックスが表示されます。


「ページ」のタブがアクティブであることを確認し、
「次のページ数に合わせて印刷」の○をクリックして、◎にします。
 横1 × 縦1 になったことを確認し、OKボタンをクリックします。

全体が縮小され、、「次ページ」ボタンが使えなくなっていることで、1ページに収まったことが確認できます。

 横1 × 縦1 の数値を変更することで、縮小の度合いを調整することができます。


【関連商品】


  

このページのTOPへ
















日本最大級の保険比較サイト-保険市場

   Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved