お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 基本操作 > グラフ作成機能 >

エクセルのグラフ作成機能について説明しています
エクセルではセルのデータをもとに、簡単にグラフを作成することが出来ます。
エクセルで作成したグラフは、データが修正されると即座にグラフも変更される、便利なグラフです。








1 Excelのグラフの概要

  エクセルで、棒グラフや円グラフなど、14種類の基本的なグラフを作成することができます。


2 棒グラフの作成

  シンプルな棒グラフを作成します。


3 グラフの書式設定

  グラフの書式は、設定したい場所をクリックしておき、ボタンから行います。


4 円グラフの作成

  円グラフのオプション機能について・・・


5 複合グラフ

  左の目盛と右の目盛が違う、棒と折れ線グラフの複合グラフ


6 グラフの印刷

  グラフ印刷の際、注意しなければならないことがあります。


1 Excelのグラフの概要


エクセルで、棒グラフや円グラフなど、14種類の基本的なグラフを作成することができます。
次のようなグラフを作成することができます。


それぞれのグラフには、3D効果のついたものなどのバリエーションがあり、また、グラフを組み合わせた複合グラフを作成することもできるので、極めて多種の、訴求力あるグラフを作成することができます。

エクセルのグラフは表のデータをもとに作られます。
データが変更されると、即座にグラフも変更されます。

グラフを作成する場所により、データと同じシートに作成する「埋め込みグラフ」と、「グラフシート」にグラフだけを表示する方法があります。

通常、「グラフ作成ウィザード」を使ってグラフを作成し、部分的に「グラフの書式設定」で、各要素を編集します。


このページのTOPへ




2 棒グラフの作成


シンプルな棒グラフを作成します。


データから棒グラフを作成します。


グラフを作成するに当たって、もっとも大切なことは、「グラフデータの選択」です。
どのようなグラフを作成するかによって、必要なデータを選択しなければなりません。

目的のグラフが効率よく作成できるかどうかは、ここで決まってしまうといっても過言ではありません。
とはいっても、あとでいくらでも変更できますから、気楽に作ってみましょう。


範囲指定ができたら、ツールバーのグラフの絵のボタン「グラフウィザード」をクリックします。
「グラフウィザード−1/4−グラフの種類」が表示されます。


「サンプルを表示する」ボタンをマウスで押しっぱなしにすると、おおよそのグラフを確認することができます。

「次へ」のボタンをクリックして、「グラフウィザード−2/4−グラフの元データ」に進みます。

「列」、「行」のオプションボタンをクリックして、グラフの変化を確認します。
項目名と凡例が入れ替わり、目的に応じたグラフを作成することができます。
また、この画面で、範囲指定の変更を行うこともできます。

「次へ」のボタンをクリックして、「グラフウィザード−3/4−グラフオプション」に進みます。
この画面では、「タイトルとラベル」、「軸」、目盛線」、「凡例」、「データラベル」、「データテーブル」について設定することができます。

これらの設定は後で行うこともできますが、この画面で設定できる項目は、ここで設定してしまうほうがラクです。

「次へ」のボタンをクリックして、「グラフウィザード−4/4−グラフオプション」に進みます。
「新しいシート」を選ぶと、グラフシートが自動的に作成され、グラフだけのワークシートにグラフが表示されます。初期設定ではワークシート名が「Graph1」となり、番号は作成の都度、増えていきます。この名前は独自に入力して指定することもできます。

文字サイズや配置などの書式を変更して完成です。



書式の設定は別ページで説明しています。


このページのTOPへ




3 グラフの書式設定


グラフの書式は、設定したい場所をクリックしておき、ボタンから行います。

グラフ内のどこかをクリックすると、その部品が選択され、ハンドルと呼ばれる■が8個表示され、線で囲まれます。

サイズの変更はこの■をドラッグします。
場所の移動は、その部品内または枠線上にマウスを合わせてドラッグします。

その他の設定はグラフ選択時に表示される「グラフツールバー」の「書式設定」のボタンから行います。



@選択されているグラフ部品の書式を設定します。
 ほとんどの書式はこのボタンから設定できます。
Aグラフの種類  
▼ボタンをクリックして、グラフの種類を選ぶと、そのグラフに変更できます。
B凡例を表示するかしないかを指定できます。
Cデータテーブル(グラフの一部としてグラフ下部にデータ表を作成)の表示・非表示
Dデータ系列を行方向に定義します。
Eデータ系列を行方向に定義します。
F文字列を時計回りに45度回転します。
G文字列を反時計回りに45度回転します。

設定項目がみつからない場合は、メニューの「グラフ」からの設定も試してみてください。

オートシェイプなどで、イメージを追加することもできますし、背景やグラフの棒の色なども簡単に変更できます。色はグラデーションやテクスチャなどを使うこともできます。

さまざまな設定をして、訴求力あるグラフを作成してください。

このページのTOPへ



4 円グラフの作成


円グラフのオプション機能について・・・

円グラフには、特有のオプション機能があります。

3D効果のついた円グラフがあります。


・円の回転

円グラフのどこかをクリックすると、各項目にハンドルが表示されます。
この状態で、グラフツールバーの「書式設定」ボタンをクリックすると、「データ系列の書式設定」のダイアログボックスが表示されます。

「オプション」タブをクリックして、グラフの基線位置の0度のスピンボタンをカチカチとクリックします。円グラフがぐるぐると回転します。

・要素の切り出し

円グラフのどれかの要素をクリックした状態では、すべての要素にハンドルがひとつずつついています。
手前にある要素をもう一度クリックすると、その要素だけにハンドルが集まります。

この状態で、グラフの要素を手前にドラッグします。
ドラッグした要素だけが、切り離され、目立つようになります。


※この操作を行うときは必ず、ハンドルの状態を確認してください。
 すべての要素にハンドルがついていると、グラフがバラバラになってしまいます。
 バラバラになってしまったら、すぐに元に戻せばいいので、気楽にやってもOKですよ。


このページのTOPへ



5 複合グラフの作成


左の目盛と右の目盛が違う、棒と折れ線グラフの複合グラフ

個別データは棒グラフ、合計や金額のグラフは折れ線グラフ、のようなグラフは日常よくあるグラフです。

これをすべてひとつの棒グラフにしてしまうと、棒の高さがあまりにも違いすぎて、適切なグラフになりません。

そこで、棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたり、右と左の単位を変えて、見やすいグラフに仕上げます。

このようなグラフがあります。
このグラフに月別の売上推移を示す折れ線を付け加えます。


付け加えるデータであるセルF3からF14を範囲指定します。
範囲指定したセルの回りに表示している線にマウスポインタを合わせると、白抜き矢印と黒の十文字の矢印が表示されます。この状態を保って、マウスをドラッグし、グラフエリアまで来たら、マウスから手を離します。

合計の要素がグラフに追加され、自動的に目盛も調整され、月別データは背が低くなってしまいます。

付け加えられた金額の棒をクリックすると、4月から3月までの金額の棒にハンドルがつきます。

グラフツールバーの「グラフの種類」から、折れ線を選びます。

グラフツールバーの書式設定ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスの「軸」タブを選び、第2軸に指定します。


これで、自動的に左右の目盛も調整され、複合グラフが完成します。
修正箇所があれば修正して完成です。




このページのTOPへ



6 グラフの印刷


グラフ印刷の際、注意しなければならないことがあります。

といっても、いきなり印刷しなければ大丈夫。

必ず、印刷プレビューで確認しましょう。

グラフのどこかにハンドルがついていて、グラフが選択されている状態では、グラフのみが印刷対象となります。

グラフと表、その他のワークシート全体を印刷したい場合は、グラフにハンドルがついていない状態にしなければなりません。

ヘッダー・フッターの設定など、印刷の一般的な説明は別ページにあります。



【関連商品】


  

このページのTOPへ

















日本最大級の保険比較サイト-保険市場

 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved