お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座
 
 エクセルをたのしみながら身につけられるよう、日常生活に密接したシステムなどをテーマに、そのシステム作成に必要なExcel関数や、基礎的な操作について解説しています。

 

お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座のサイトへようこそ

 
ホーム > 関数事典 > データベース関数 >

エクセルでよく使われるデータベース関数の一覧です
大量のデータもエクセルのデータベース関数を駆使して、簡単に分析できます。
エクセルには「ピボットテーブル」の機能も用意されています。
関数だけでうまくいかなかったら、ピボットテーブルも使ってみましょう。









70 DAVERAGE ディー・アベレージ関数

  条件範囲を満たすデータの平均値を求めます


71 DCOUNT ディー・カウント関数

  条件範囲を満たす入力済みのセルの個数を求めます


72 DCOUNTA ディーカウントエー関数

  条件範囲を満たすレコードを対象に、空白ではないセルの個数を求めます


73 DMAX ディーマックス関数

  条件範囲を満たすデータの最大値を求めます


74 DMIN ディーミニマム関数

  条件範囲を満たすデータの最小値を求めます


75 DSUM ディーサム関数

  条件範囲を満たすデータの合計を求めます

70 DAVERAGE ディーアベレージ関数


条件範囲を満たすデータの平均値を求めます

 

一般的な呼び方
 
ディー・アベレージ関数
 
もとになっている英語
 
Database AVERAGE
 
英語の意味
 
データベースの平均
 
関数の機能の概要  
リストまたはデータベースを構成するセル範囲の平均値を求めます。

書式
 
DAVERAGE(Database,フィールド,Criteria)

 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
集計するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄です

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致したセルの平均値を返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。

関数式の例


このページのTOPへ

71 DCOUNT ディーカウント関数


条件範囲を満たす入力済みのセルの個数を求めます

 

一般的な呼び方
 
ディー・カウント関数
 
もとになっている英語
 
Database COUNT
 
英語の意味
 
データベースをカウントする
 
関数の機能の概要  
リストまたはデータベースを構成するセル範囲の数値データの個数を集計します。

書式
 
DCOUNT(Database,フィールド,Criteria)

 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
集計するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致したセルの個数を返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。

関数式の例


参考
データベース関数は関数名の左端に「D」がつきます。
データベース関数はCriteriaを理解できれば、その他のデータベース関数もおおよそ理解できます。
DCOUNT関数は数値データが入力されているセルの個数をカウントします。
数値以外のデータはDCOUNTA関数を使ってカウントします。

このページのTOPへ

72 DCOUNTA ディーカウントエー関数


条件範囲を満たすレコードを対象に、空白ではないセルの個数を求めます

 

一般的な呼び方
 
ディー・カウント・エー関数
 
もとになっている英語
 
Database COUNT A
 
英語の意味
 
データベースのデータ入力セルをカウントする
 
関数の機能の概要  
リストまたはデータベースを構成するセル範囲の空白以外のセルの個数を集計します。

書式
 
DCOUNTA(Database,フィールド,Criteria)

 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
集計するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致したセルの個数を返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。

参考・注意
DCOUNT関数は数値が入力されているセルの個数を数えます。
DCOUNTA関数は何かが入力されているセルの個数(数値でも文字でも)を数えます。
数値データはCOUNTA関数を使ってカウントします。

データベース関数は関数名の左端に「D」がつきます。
データベース関数はCriteriaを理解できれば、その他のデータベース関数もおおよそ理解できます。

このページのTOPへ

73 DMAX ディーマックス関数


条件範囲を満たすデータの最大値を求めます

   

一般的な呼び方
 
ディー・マックス関数
 
もとになっている英語
 
Database MAX
 
英語の意味
 
データベースの最大
 
関数の機能の概要  
リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最大値を返します。

書式
 
DMAX(Database,フィールド,Criteria)
 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
検索するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致した最大のデータを返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。



参考

データベース関数は関数名の左端に「D」がつきます。
データベース関数はCriteriaを理解できれば、その他のデータベース関数もおおよそ理解できます。

このページのTOPへ

74 DMIN ディーミニマム関数


条件範囲を満たすデータの最大値を求めます

   

一般的な呼び方
 
ディー・ミニマム関数
 
もとになっている英語
 
Database MINimum
 
英語の意味
 
データベースの最小値
 
関数の機能の概要  
条件範囲を満たすデータの最小値を求めます。

書式
 
DMIN(Database,フィールド,Criteria)
 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
検索するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致したセルの最小値を返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。



参考

データベース関数は関数名の左端に「D」がつきます。
データベース関数はCriteriaを理解できれば、その他のデータベース関数もおおよそ理解できます。

このページのTOPへ

75 DSUM ディーサム関数


条件範囲を満たすデータの合計を求めます

 

一般的な呼び方
 
ディー・サム関数
 
もとになっている英語
 
Database SUM
 
英語の意味
 
データベースの合計
 
関数の機能の概要  
条件範囲を満たすデータの合計を求めます。

書式
 
DSUM(Database,フィールド,Criteria)
 
引数の詳細  
(Database)  
表全体。Database(リストのセル範囲)。
(フィールド)
集計するデータフィールド名
(Criteria)
条件欄

使用例

Database(リストのセル範囲)のフィールドで指定した列をCriteriaに指定されたセル範囲にある条件で検索し、一致したセルの合計を返します。
フィールドには、列の項目名か、何番目の列かを指定します。



参考

データベース関数は関数名の左端に「D」がつきます。
データベース関数はCriteriaを理解できれば、その他のデータベース関数もおおよそ理解できます。


【関連商品】


  

このページのTOPへ
















日本最大級の保険比較サイト-保険市場



 2009.9 Restart
 Copyright お仕事に活かす・・・基礎から学ぶエクセル講座 All rights reserved